同性不倫も「不貞行為」東京地裁 妻の相手女性に賠償命令

画期的なニュースが飛び込んだ! あ、こんにちわ。浜松の私立探偵「浜松中央興信所」の山崎です。

うちでも気になって過去の案件を検索してみたのですが、この3年で6件もありました。

嫁さんの浮気相手が女性だった案件。またその逆も。

時代ですね。という簡単なものでは無さそうで、一昨年引退された大先輩に確認してみた所、30年前からも毎年何件かはそんな事例があったそうです。

その大先輩、過去の体験談を話してくれる時の口癖が「やっこさん」です(笑)

一杯引っ掛けてからのお話ですので、それはそれはドラマ並みのでっかいお話になっちゃうんですが、基本的に嘘は付かない人なのでそうなんだらなと感じたところです。


何が今回、画期的かってことなんですが、裁判所が同性との浮気も「不貞行為」にあたるって判決が出たことなんです。自分の知る限り初めての判例になるはずです。

数年前に、手を繋いで祭りの縁日を歩いたカップルを「不貞行為と推認する」という判決を言い放った裁判官も画期的でしたが、今回の判例はまた特別に画期的なんです。


例えば「性風俗営業」。これ、同性に対する性サービスは、未だ風営法の除外です。男性が利用する男性が奉仕する性産業は合法かつ所管する法律すらありませんからねぇ。


年々、探偵業がやりにくくなってくる昨今ですが、昼夜問わず走り回って得た動かぬ証拠が、探偵にとっても依頼者にとっても無駄にならなくなったってことだと思います。


浜松市で浮気調査をお考えでしたら、浜松中央興信所をご指名ください。

絶対損はさせませんから。





このニュースはYahooニュースの共同通信社の記事から転載しています。 #Yahooニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/8fef3fdfa20e50b6dfae0ca4754e2f3446cd6762


52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示